ABOUT US:グループについて

Cordão de Contas:コハダン・ジ・コンタスとは

式名称:Associação de Capoeira Cordão de Contas カポエイラ協会コハダン・ジ・コンタス(略号ACCC) 1980年設立。
ブラジル・リオ・デ・ジャネイロ州イタグアイ市に本部道場を持ち、その他ブラジル国内に複数の支部があります。

Mestre Decio

日本国内では、Cordão de Contas do Japaoの頭文字を取り、「CCJカポエイラ」という名前で活動しています。
日本国内での活動は東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、愛知、静岡、福岡に支部を持つ日本最大規模のカポエイラグループです。
私達、大阪支部は2000年から活動をスタートし現在150名程のメンバーと3名の専属講師で活動しており、日々カポエイラの追求と素晴らしさを皆様に知って頂きたいとの思いで活動をしております。

Mestre DECIO
Decio de Azevedo デシオ・デ・アゼヴェド最高師範(1967~)。
1975年、カポエイラを開始。1980年、ブラジル リオ・デ・ジャネイロ州イタグアイ市にてコハダン・ジ・コンタス設立。本部にはデシオ最高師範の他、3名の師範とともに、子どもから大人まで幅広い年齢層の方が稽古に励んでおります。デシオ最高師範の自宅に隣接している本部道場にて、最高師範直々の稽古を受けられる環境が既に整っています。これからもブラジル、日本、そして世界中のたくさんの弟子たちが育っていく事でしょう。

カポエイラの帯

CCJ_Corda_930

カポエイラも日本の武道と同じように、帯でレベル分けされています。
帯の判断基準はカポエイラの年数、稽古の質、量、体力面、技術面、精神面、音楽面、カポエイラ哲学の理解度、グループでの貢献度etc 総合的に見て認定講師、メストレが判断します。
年に一度開催される昇段式(バチザード)で一年間の成果を評価され帯が授与されます。

カポエイラにおける昇段とは、日本の武道と大きく違う点があります。それは『音楽』があるということです。楽器の演奏、ポルトガル語でのカポエイラの歌を習得していきますので、帯ごとに課題が増えていきます。といっても、日ごろの稽古をしっかりしていれば、難しいものではありません。人それぞれ得意なもの、不得意なものが違います。そういった個性を踏まえた上で、総合的に評価して『昇段』していきます。

子どもの帯について
幼児3歳~5歳、子供6歳~12歳の段階では、当団体の昇段に対する考え方は、年齢ごとに帯の色を変えて締めていきます。子供のうちは皆で楽しく稽古し、帯を見て学年が一緒か、年上、年下を判断します。成長が著しい時期ですから、技術ではなく、身体の成長の目安と言う感覚でカポエイラにおける思いやり、時には厳しさを学んでいきます。

※1ブラジルではBatizadoと呼ばれ、洗礼を受けると言う意味になります。

Today's Schedule